もち動物病院日記

新年明けましておめでとうございます。

2019年、はじまりました。今日から診察、手術ともに、通常通りの日程へ戻ります。

去年は自分なりに、たくさんのことを学んだ1年でした。40代になっても学ぶことができるということに、深く感謝して生活していこうと思います。そしてそれは、周りにいる人たちのお陰なんだということにも、感謝したいと思います。

去年、読んだ本の中に、「高くジャンプするためには、一度、膝を曲げて、低く屈まなければならない。」というような事が書いていました。膝を曲げずにジャンプすることは、物理的にも(そして外科的にも)、不可能であると。

なるほど。当たり前だけど、なるほど。


きっと今年もいろんなことがあり、膝を曲げて屈んでいる期間も、高くジャンプしている期間も、両方あるでしょう。どんなときでもありがとう、と思いながら、スタッフと丁寧な仕事をしていく所存です。


写真は、寝ようとしたら、もちに布団を取られているという日常を激写(?)しました。自分が寝るためにはどいてもらうしかないんですが、、、かわいすぎて(親ばか)、なかなか動かせないのです。KIMG0257


年末です。

1年が飛ぶように過ぎていきます。1日1日を大切に、愛おしんで過ごしていきたいです。

先日、去勢手術をした猫ちゃんが、あまりにも可愛らしく、連れて帰りたい衝動にかられましたが、もちろん無事にお返ししました。私はもともと動物が好きすぎて、獣医になったのですが、獣医の仕事は、動物が好きすぎると苦しい場面も多々あります。

そのせいか、動物が好きだー!という気持ちに、普段は軽く蓋をしていて、なにかホッとしたとき(オペ後とか)、やっぱり好きだぞー!と気持ちがあふれ出すことがあります。かわいい患者さんたち、やっぱりかわいいです。なんとなく、そのことに再び気づいた年末です。


最近太って腰のくびれが全くない、うちのクロ助。だけど、お正月は少しだけ、ごちそうを食べよう。ダイエットは来年から~♪

DSCN0611


秋です。

ここ数日は日中の気温も22,23度くらいになり、あの猛暑の日々を振り返ると、随分過ごしやすくなりました。エアコンや暖房も付けず、おうちで過ごせるこの時期は、アレルギー様の症状も一段落することが多いです。(アレルギーの種類によっては一段落しませんが。)

動物病院としては、なぜかオペが増えていく季節でもあります。肩のストレッチを欠かさずに(私のオペ後の肩こりは、もはや病的)、日々を過ごしていきたいと思います。

そして冬にはまた遠方の学会に参加するつもりなので、だらけず、力まず、読むべき資料に目を通す秋にしたいです。

夜は寒くなっていくので、もち(ねこ)と布団に入って寝ようとするのですが、もちは夫のところへ行きます。くそ、世話をしてるのはほぼ私なのに。

患者さんに花を頂きました。夏と秋の合作です。年のせいか(あと何日かで40です。さよなら30代)、どうしようもなく花が好きです

DSCN0588

猛暑

この夏は地震や豪雨もあり、被害にあわれた方のことを思うと、胸が痛みます。自然は時にとても恐ろしいです。当たり前のことを、普段は忘れているのに、こんなときに思い知らされます。

一日も早く復興が進み、たくさんの心の傷が少しでも癒えることを、祈っています。祈ることしかできませんが。

そして、この猛暑。40度超えている地域もあるとか。職場でも家でも、エアコンをつけて、涼しい室内にいるのですが、こうやってエアコンをつけることでまた地球の温度が上がるんだろうな。とも思ってしまいます。仕方ないですが。人間も動物も熱中症は怖いです。

いろんなことがありますが、日々、自分たちにできることを、淡々と黙々と、やっていこうと思っています。とりあえず、小学生の子どもたちの宿題が多すぎて、親がめげそうです。私が子どもの頃は、こんなに宿題なかったような。。外でも遊べたし(こんなに暑くはなかったです)、今の子どもたち、大変です。

クロ助も室内で帽子をかぶって(かぶらされて)、夏が過ぎ去るのを待っています。DSCN0578

クロ助のイラスト

受付にかわいいクロ助のイラスト入りポップが、何枚かあります。

もともと顔が整ったかわいい犬ですし(←親ばか)、イラスト、とても可愛らしいです。

看護師さんが、本当に忙しいのに、時間を見つけて描いてくれました!!とても上手です。


蒸し暑い日々が始まり、気分が上がらない日もありますが、動物たちのつぶらな瞳に救われることも多々あります。救っていて、救われてもいる毎日です。DSCN0565


1 2 3 18