院内設備

安全性の高い治療ができるよう、院内設備・検査機器をととのえています。

受付・待合

受付

こちらでまずは受付をいたします。動物たちのためのお役立ちグッズ、フードも販売しています。

待合

受付をすませた後は、しばらくこちらでお待ちください。

診療室

診察室1

主にわんちゃん・ねこちゃんの診察に使用します。

診察室2

主にエキゾチック動物(うさぎさん等)の診察に使用します。

手術・入院室

手術室

こちらで手術を行います。

入院室

入院室は手術室・処置室等からも常に状態をみる事ができるように3方向の壁にガラスをいれています。

ICU

高濃度酸素治療室です。
救急の動物さんに使用します。

各種検査機器

血液検査機器・顕微鏡

顕微鏡の画像をリアルタイムにモニターに映して説明します。解り易さを心掛けて説明させていただきます。

レントゲン装置

デジタルのレントゲン装置です。従来のものと比べ鮮明で、かつ迅速に検査が行えます。

眼圧計

眼圧(眼内の液体の圧力)を測定します。緑内障・ぶどう膜炎の診断に有用です。

ネブライザー

薬を吸入させる機械です。
全身性の副作用が少なく、安全性が高いといわれています。

超音波スケーラー

歯石除去に使用します。

マイクロエンジン

抜歯する際に歯を切ったり、歯石除去後のポリッシング(歯の研磨)をしたりする時に使用します。

超音波診断装置

心臓やお腹の中を調べます。

血圧計

手術中の血圧を測定する場合にも使用しますが、動物の高血圧の有無を簡易に発見できます。

マイクロチップリーダー

マイクロチップを読み取る際、又、埋め込み時の確認の際に使用します。
マイクロチップとは、個体識別に使用するもので、迷子になっても大丈夫です。

ポータブルスリットランプ

目の検査時に使用します。目の拡大観察、断面化等ができます。

眼底レンズ

眼底(目の奥)にある血管、神経等の観察時に使用します。